So-net無料ブログ作成

フロロラインとPEライン [真鯛]

【2012.4.27】

 遊漁船を開業し、真鯛ねらいで5回出船することができました。

ご乗船いただいた皆様、ありがとうございました。

その5回の出船でPEラインを使っている方が多いかな?と思い、少し書いてみようと思います。

ちなみに成栄丸tomyはフロロラインのみを使い、PEラインで真鯛を釣ったことがありません。(笑)


ジグでも共通する部分がありますが、鯛カブラを使った場合について。

メディア等から私が知る鯛カブラの基本は、次のように思っています。

① ボトムを取ったら、同じ速さでリトリーブする。

② バイトがあっても合わせない。

③ ロッドティップに十分重さが乗ったら合わせる、もしくはリーリングを続ける。



私が一番気になるのは②です。

感度の良いPEラインを使えば②のバイトのほとんどを感じることができるでしょう。

フロロラインでも感じることができますが、もしかしたら見落としているバイトがあるかもしれません。

このバイトを感じた瞬間も真鯛釣りの楽しさのひとつですが、

ヒットまで導くのに邪魔になることがあるかもしれないと、先日思いました。



というのは、先日真鯛がヒットしたときのことです。

フロロラインを使っている私は、②のバイトを明確に感じませんでした。

ほんのわずかな違和感でした。

もしかして真鯛が追っているのか?と思いリトリーブを続けましたが、違和感は続きました。

確信はありませんでしたが、とりあえず合わせを入れてみると真鯛がヒットしです。

たぶんこの場面でPEラインを使っていれば、最初のバイトを感じることができたかもしれません。



ここで真鯛のほうの立場から考えてみました。あくまで想像ですよ。(笑)

その場面の真鯛の活性はけっして高くなかったはずです。

その真鯛がバイトしたとき、フロロラインだったから鯛カブラを弾かなかったのかもしれません。

釣り人が感じたのがほんのわずかな違和感でしたから、真鯛が感じた違和感も小さかったのかもしれません。

もし、その場面でPEラインを使っていたら、鯛カブラは弾かれ、真鯛は大きな違和感を感じ、

その後は追わなかったのではないかな~?と思ったりしました。



真鯛釣りの楽しさのひとつの②のバイトですが、

極論を言えば、ヒットすることだけを考えれば②のバイトを感じる必要がない!とも考えられます。

③の重さを感じる明確なバイトを捉えればいいのですから。

ま、私の場合、最初のバイトの後に「技」を使ってヒットに導くことが多々あるので、

そのバイトを感じることは重要なんですけどね。



ここで言いたかったことは、もしかしたら最初のバイトの後、使用しているラインによって、

2回目以降のバイトの回数に差が出るかもしれないということです。

真鯛の活性が高いときは特に関係ないだろうと思いますが、

活性が低いときには、真鯛が再び追う追わないの差が出ることがあるかもしれません。



話は変わってひとつテンヤ。

昨年、少しだけひとつテンヤに挑戦してみました。

この釣りの場合、フロロラインだと勝負にならないでしょう。

最初の小さなバイトを捉えて合わせを入れる釣りと認識していますが、

そうであれば感度はものすごく重要なファクターになりますから、断然PEラインですよね!

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

ぽんぽこ

大変、興味深い日記でした。6日の予約日にラインについて直接お話を伺いたいと思ってましたから。

私は、フロロの釣りが苦手でPEのみ使用しています。

確かにパイトの後の追い食いは無いに等しいかもしれません。
ただ、どうしてもフロロは苦手で不安で。

6日もPEの釣りになると思います。
どうしても一枚欲しいなんて時はやはりフロロに軍配がありそうですが。そこが私が鯛釣り上手く成れないところなんですかね。
by ぽんぽこ (2012-04-27 18:32) 

tomy

>ぽんぽこさん
 自分で書いていて言うのもなんですが、それほど気にする話ではないです。(笑)
今回書いたことは極端な例でしたので・・・・。

バイトの後の2回目3回目のバイトはリトリーブスピードが大きく関係しているはずです。本文中で「技」と書きましたが、私はこの「技」で2回目以降のバイトを拾える回数が多いと思っています。
6日に機会があればお話ししますね!

by tomy (2012-04-27 19:48) 

JYO

私の場合、マダイ釣りではアタリを捉える必要はそう感じてません。
しっかりロッドに乗ってきた時には一応合わせはいれますが、合わせなくても問題ない場合も多いですよね。
ってことはアタリがわからなくても向こうから針がかりしてくれるのであとはいかにマダイをいなしてランディングまで持ち込むかだと思います。
そう考えれば魚からのシグナルに慣れていない初心者が竿頭になる可能性もありえる釣りといえます。
ビギナーズラックがある釣り、楽しいですよねえ(笑)

PEとフロロでファイト比較すると明らかにPEでファイトした方が魚が暴れます。なのでバレる原因を少しでも避けるためランディングまで魚を暴れさせないラインがベターと思っています。
ちなみにマダイのマイレコードは88センチですが(なにげに自慢(笑))PEでなら釣りあげる自信は全くありません。こちらが主導権を握れないままさよ~なら でしょうね。
そう考えるとPEはダイレクトなのでファイトが面白い反面、暴れられてバラす危険性も高くなると思っています。
また、乗船者を多い遊魚船ではあまり暴れさせるとオマツリの原因にも…
暴れさせる=マダイの活性があがる
という考え方では一概にダメともいえませんが(笑)


by JYO (2012-04-28 15:25) 

tomy

>JYOさん
 お~、乗らないバイトを捉える必要を感じないと思うのですね。
やっぱり考え方が似てますね。(笑)
JYOさんと真鯛のことを語り合ったら一晩では足りないかもしれませんね。(笑)

ま、乗らないバイトでもないよりはあったほうが、テンションが上がるしモチベーションを保つことができますけどね。
特に、経験が浅かったりエサ釣り中心の方が、鯛カブラやジグを巻き続けるのは根気がいりますから、乗らないバイトでもあったほうがいい面もあります。

バラシに関しては、あえて書きませんでした。
自分自身の経験がないですし、お客様を見ていても特に顕著に感じることがなかったからです。

自己記録が88㎝ですか!なにげに自慢したんですね。(笑)
ちなみに私の自己記録も88㎝で、なにげに自慢してみました。(笑)

by tomy (2012-04-28 17:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0