So-net無料ブログ作成
検索選択

中型真鯛の群れはそれなりみたい! [真鯛]

【2017.4.29】

【午前】

 5名のお客様とともに4時前に出船し、いつものように定番エリアに入った。

魚探反応は良好で、いつもより浮いているベイトが多く、いかにも活性が高そう!

我慢できずに、行こうと思っていたポイントの手前から開始した。(笑)


仕掛けを降ろしても魚探反応は消えない!

しかしどなたにもアタリがないようだ・・・・。

どうやらラインが斜めになりまくる上と下の潮が同調していない釣り辛い状況のようで、それが原因か?

しばらく様子をうかがったが、確認のために竿を出してみた。

その1投目。

どの程度ラインが斜めになるのか?

60gのジグでボトムを取れなかった・・・・。

回収して2投目。

魚探に映るレンジを直接攻めてみた。

で、速攻で真鯛(63㎝)キャッチ

真鯛がいることを証明でき、ちょっとホッとした。(笑)


運が良かったのはその通り。

ただ、少しでも運を呼び寄せるために独特のやり方をしている。

そのやり方や理由、持つべきイメージなどは、皆さんに伝えさせていただいた。

これはかなり有効なやり方だと思っているし、実績もある!

でも、その後連発できなかったし、どなたにもヒットがなかったので、

偉そうにするのはほどほどにしておきます。(笑)


朝一ははずしてしまった・・・・。

前回のブログでも書いたが、今年の成栄丸でのヒットタイムは4~6時がほとんど。

その時間をとっくに過ぎてしまっていた・・・・。

それまで船を何回か入れ直していたが、ボトムにそれなりの反応があった辺りから再開してみた。

残念ながらボトムの反応は捉えられず、上層にマフグの群れの反応が濃厚に映る芳しくない状況・・・・。

しかし、その下に真鯛が絡んでいるかもしれないな?と思える反応もあった。

tomyはとっくに納竿していたので、可能性がありそうなレンジを伝え、皆さんに攻めてもらうことにした。

で、この後はヒットが連発!

案の定、フグが・・・・。

まさしくフグ祭り状態になってしまった・・・・。

やっぱりフグしかいないか・・・・と諦めかけた6時30分頃。

ぎっちょさんにヒットしたのはそれまでのフグよりも重量感があった!

ロッドティップの様子から真鯛だろうとは思ったが、

どでかいフグかもしれなかったので、ガッカリしない心の準備だけはしていた。(笑)

で、魚の姿が見えてきたときは叫んじゃいましたよ、うれしくて!

ということで、真鯛(52㎝)をキャッチでした!


ヒットレンジを確認すると、やはり魚探に映るフグの群れの少し下。

しかし、フグはそのレンジにもさらにその下のレンジにもいるので、フグ祭り状態は続く・・・・。

やっぱりダメだな、移動しようと思った約15分後。

黒沢さんにも真鯛(52㎝)がヒット!

移動を思いとどまり、「フグの猛攻に負けないでがんばりましょう!」と続けた。(笑)


この後、約1時間で、イカ隊長さん真鯛(53㎝)菅原さん真鯛(48㎝)も含め、

6枚の真鯛を追加でき、ホントによかった!

イカ隊長さん・ぎっちょさん2017.04.29.jpg

菅原さん・黒沢さん2017.04.29.jpg


最終的な結果は、真鯛×10(63~44㎝)、青物×4、

マゾイ、カジカ、おそらく100は越えている恐ろしい数のマフグ(笑)でした。



【午後】

 1名のお客様とともに12時より前に出船した。

定番エリアよりずっと手前から魚探反応を見ていたが、良さ気なものはなく、

定番エリアの濃厚な魚探反応から開始した。

仕掛けを降ろすと・・・・、あらら沈んで消えちゃった・・・・。

当然のようにアタリすらなく、もう一度魚探反応を探してやり直したが、やはり魚探反応は消えてしまった。


この2回の流しの航跡の角度の変化と潮汐から、そのうちストロングパターンの流れになることがわかった。

潮待ちしましょう!と、しばらくは我慢の釣りを続けた。


そうこうしているうちに潮の流れはどんどん良くなり期待通りになってきた!

しかし・・・・

しかし・・・・

しかし・・・・

魚影が極めて薄くなっている感じ・・・・。

いったいどこにいるんだ?

明け方には濃厚に魚探反応が出るところか?

ブレイクになっているところか?

根回りも含めた浅いほうか?

いや深場か?

結局、見つけられなかった・・・・。

おそらく潮の流れの変化に伴って、魚たちも移動してしまったみたいだった・・・・。

少なくとも【午前】で祭り状態だったフグたちはいなくなっていたし・・・・。


残り時間が少なくなったが、それなりの距離を潮上りしてフグの反応は見つけた。

真鯛や青物はいるのか?

2回ほど流して、ヒットしたのはフグのみ・・・・。

撃沈で終了した・・・・。


最終的な結果は、青物×1、マフグ少々でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんとか真鯛(52㎝)をキャッチ~! [真鯛]

【2017.4.28】

 風が強い予報だったが、4時前に出船した。

定番エリアの魚探反応はまあまあ。

仕掛けを降ろすと沈むときがあったが、その後はまったく出ない・・という最悪の活性というわけではなかった。

しかし、全然アタリが出ない・・・・。

リアクションねらいのメソットを試しても通用せず、時間だけが過ぎていく・・・・。

ようやくヒットしたのは思いっきり早巻きをしたとき!

しかし、まさかの合わせ切れ・・・・で、システムを作り直すため、さらに時間を浪費した・・・・。

この間ヒットしたのは青物フグだけ。

果たして真鯛はいないのだろうか?


そうこうしているうちに潮の流れが変わり、船は180度逆の方向に流れるようになった。

上の潮が変わっても下の潮はまだなので、ラインは斜めになりまくって釣り辛い・・・・。

魚探反応が出ても、斜めになったラインではビンゴで通すことができない・・・・。

釣れそうな雰囲気はなくなってしまった・・・・。

仕方がないので、ボトムレンジは捨て、中層ねらいに徹することにした。


で、真鯛(52㎝)キャッチ

たまたま活性のある個体に出会えたが、ボトムレンジを探っていればおそらく出会えなかっただろう。

とりあえず自画自賛しておきます。(笑)


今年成栄丸でのキャッチは、4時~6時がほとんどだったが、今回のヒットタイムは10時24分。

朝一以外でもチャンスがあることを証明できた。

また、魚探反応がまったく出ていないときのヒットだったので、

諦めないで集中し続けることの大切さも再認識できた。


中型の真鯛が釣れるようになってきているので、新しい群れが入ってきているのだろうと思う。

しかし、その数はそれほど多くないのかもしれない。

このことは、活性が高いと判断できる日に確かめられることでしょう。

それが明日になるか、もっと後になるかはやってみなければわからないので、今後の楽しみにしたいと思う。


最終的な結果は、真鯛(52㎝)、青物×4、マフグ×3でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

活性を下げる潮 [真鯛]

【2017.4.26】

 前々日(4/24)の朝一は、魚探反応が出っ放しで、3人で真鯛が6枚釣れた。

前日(4/25)は、期待に反して、仕掛けを降ろすと魚探反応が消える厳しい状況・・・・。

それでもなんとか真鯛(48㎝)をキャッチすることができた。

そして、本日。

果たして、魚の活性はどうなのだろうか?

期待と不安を胸に、6名のお客様とともに4時頃出船した。


定番エリアに入ると魚探反応はあちこちに出た。

その中でも良さそうな反応にぶつけて開始した。

皆さんが仕掛けを投入。魚探反応を注視しているとその反応は沈み見事に消えた・・・・。

そして、そのまま流しても、どなたにもアタリはなく、魚探反応が出ることはない・・・・。

う~ん、まずいパターンだ・・・・。


このパターンを繰り返すこと数回。

状況はかなり厳しいものだった・・・・。

それでも前日は自分なりの仮説にもとづき、運良く真鯛が釣れてくれた。

その考え方を伝え、実践してもらったが、運が味方してくれることはなかった・・・・。


粘っても仕方がないので、早めに竜飛方面に移動することにした。

4/23・24と同様に魚探反応を見つけることはできた。

その魚探反応はボトムにも出るし中層にも濃厚に出る理想的なもの!

そして、仕掛けを降ろしても消えない。

しかし、どなたにもヒットしてこない・・・・。

上の潮が動き出したばかりで下の潮がまったく同調していないみたいで、

ラインが斜めになりまくって相当釣り辛い分を差し引いても、不思議なくらいアタリがない・・・・。

せめて青物はヒットしてきてもよさそうだったのだが・・・・。

コースを少しずつずらして流すこと数回。

ヒットしてきたのは、マゾイミズクサクロソイだけだった・・・・。


このポイントも見切り、さらに移動。

帯島を越えたポイントにも行ってみたが、そちらは風が強く波がジャブジャブ。

先ほどより潮が速いことは当然として、下も動いていてなんとかなるだろうと思ったが、

どうやら下の潮は緩慢なようでラインは一層斜めになりまくるさらに釣り辛い状況だった・・・・。

そんな中、中層に良好な魚探反応が出たタイミングで、小島さんにヒット!

良型のワラサをキャッチした!


状況が厳しいので、そのまま流れて先ほどのポイントに戻ったが、

あれほどあった魚探反応が出ない・・・・。

ようやく見つけたところから流してみると、船の流れ方が変わり、ラインの出る方向も逆。

上の潮が緩くなったのはなんとなくわかるけど、下の潮のほうが速い理由がわからない・・・・・。


若干浅いほうで淡路さんワラサがヒットしたが、真鯛の雰囲気はないので朝一のエリアに戻った。

途中、良型のタコが釣れたり、マフグのプチ祭り(笑)をはさみ、最後の流しを迎えた。

その流しの終盤、久々に中層に良好な魚探反応が出た。

その反応より仕掛けが下にあった方はそれに合わせて巻き、上にあった方は降ろす。

その降ろした仕掛けに気づいた魚探反応は、無情にも沈んで消えてしまった・・・・。

魚の活性を下げる潮は明らかに存在し、その潮に翻弄された半日だった・・・・。


最終的な結果は、ワラサ×2、マゾイ、クロソイ、ミズクサ×9、良型のタコ、フグ少々でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真鯛は6枚! [真鯛]

【2017.4.24】

 2名のお客様とともに4時頃出船した。

昨日の今日だから不安がなかったわけではないが、それでも朝一の活性には期待していた。

定番エリアで魚探反応を見つけたので流し始めてみた。


仕掛けを降ろすと魚探反応は・・・・・消えない!

もうそれだけでうれしくなってしまう。(笑)

そして、tomyにヒット!

真鯛であることを確信しながらリーリングしていると、つりゅうどさんにもヒット!

2017年成栄丸の最小記録となる真鯛(50㎝)をそれぞれがキャッチした!


ほんの少し間があいたが、黒沢さんにもヒット!

タモ入れしなきゃ!と思いながらもスローで誘っていたtomyにもヒット!

黒沢さんが真鯛(56㎝)、tomyが真鯛(55㎝)をキャッチした!


そして、この流しの最後は黒沢さん良型真鯛(60㎝)をキャッチして締めくくった!


この流しでは濃厚な魚探反応は出っ放し!

さらに、サイズ的に新しい群れが入ったのかも?と思ったので、

入れ食いが約束されたような気分になってしまった。


しかし、自然は甘くない・・・・。

2回目の流しの魚探反応も素晴らしかったが、真鯛からのアタリはない・・・・。

単に真鯛がいないところを流れたのか?活性が下がってきているのか?

終盤、つりゅうどさん大型の真鯛(71㎝)をキャッチするにとどまった。


そして、3回目の流し。

魚探反応の変化の仕方が若干変わってきていたし、真鯛からのアタリはない・・・・。

で、しびれを切らしたtomyがリアクションねらいで青物を釣ってしまったのは、この流しだったと思う。


この後は、地形の変化に期待して流すコースを変えてもダメ・・・・。

前日と同様に竜飛方面に移動し、前日よりは薄い魚探反応を攻めたが、これもダメ・・・・。

青物少々とマゾイやクロソイは釣れたけど・・・・。

最後は定番エリアに戻ったが、やはり真鯛は釣れなかった・・・・。


結局、真鯛は朝一のみしか釣れなかったが、

お二人が良型・大型を含めて本命をキャッチしたのがうれしかった!

黒沢さん(60㎝)2017.04.24.jpg

つりゅうどさん(71㎝)2017.04.24.jpg


最終的な結果は、真鯛×6(71~50㎝)、青物×13(77㎝~)、マゾイ、クロソイ×2でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激渋でした・・・・ [真鯛]

【2017.4.23】

 6名のお客様とともに4時頃出船。

定番エリアの手前で良好な魚探反応があったので試してみたが不発・・・・。

朝マズメの貴重な時間を無駄にしないように、定番エリアで魚探反応を見つけて攻めること2回。

どちらも不発で、ここまで3回の共通点は、

仕掛けを降ろすと魚探反応は消えその後は出ないということだった・・・・。

それでもここ数日濃厚な魚探反応が出たいくつかの水深の違うところを試してみたが、

やはり最悪の活性であると判断せざるをえなかった。


で、移動。

定番エリアとは潮の流れる方向が180度違うところの魚探反応を試してみたり、

濃厚な魚探反応が出やすいポイントの様子を見たりしながら、竜飛方面を目指した。


こちらでは理想的な魚探反応に遭遇できた。

けっこう長い時間流しても、魚探反応はボトムはもちろん中層にも出続けた。

入れ食いが約束されたかのような感じなのだが、どなたにも真鯛からのアタリはない・・・・。

う~ん、真鯛はいないのか?

ま、あれだけ膨大なベイト反応のすべてに真鯛が付いているわけではないだろうが、

どこかにいてもよさそうだったのに・・・・。

時折、ヒットしてきたのは良型の青物マゾイだった。


終盤は、定番エリアに戻った。

潮の流れる方向は期待していた通り。

今年三厩初真鯛をキャッチしたときと同じ感じで流れていてくれた。

であれば!と地形の変化に期待して、魚探反応を見つけては攻めてみるがやはりダメ・・・・。

結局、真鯛の姿を見ることなく、終了時間を迎えてしまった・・・・。


最終的な結果は、青物×4、マゾイ×6、ミズクサ×3でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真鯛ねらいの2017年初遊漁は4枚でした [真鯛]

【2017.4.22】

 前日の予報では問題ないと思ったが、起きてから確認するとかなりマズイ感じに変わっていた・・・・。

もしかしたら2時間程度で早上がりになるかもしれない、やれるところまでやりましょう!と告げ、

6名のお客様とともに4時よりも前に出船した。


定番エリアの魚探反応は良い感じで出た。

けっこう早めに清藤さん真鯛(54㎝)キャッチ

のっこみ時期の三厩では小振りなサイズだが、真鯛の存在を証明してもらい船頭としては助かった。(笑)


しばらくしてお二人に良型の青物のダブルヒット!

その間隙をついて清藤さんが真鯛(63㎝)をキャッチ!

清藤さんはその後にも船中最大の真鯛(66㎝)を追加した。

清藤さん(66㎝)2017.04.22.jpg


途中、竜飛方面から潮がやってきて船の流れる角度が変わってきた。

この流れ方になると厳しい展開を繰り返していたが、

前日大型の真鯛(76㎝)をキャッチできたので、その周辺から船を入れ直してみた。

しかし、濃厚に出ていた魚探反応は仕掛けの落下とともに消え、その後は出ない状況に・・・・。

魚探反応を探しても朝一のように簡単に見つからないし、

上と下の潮が同調していないのでラインがかなり斜めになって釣り辛そうだし、

ときおり雨は降るし、

徐々に風が強くなり波も高くなってくるし、

で、最後は苦行のような状態になってしまったので、1時間ほど早上がりで終了とした。


最終的な結果は、真鯛×4(66~54㎝)、青物×5、ホウボウ、マフグ少々でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再び真鯛76㎝! [真鯛]

【2017.4.21】

 気合を入れ4時前に出船し、定番エリアに入った。

様子見の最初の流しはダメだったが、ベイト反応を見つけた2回目の流しで真鯛(66㎝)キャッチ

今回も本命が釣れてくれて安堵した。


同じ周辺を流した2・3回目はダメで、4回目ではすでに潮の流れ方が変わってきた。

と、活性が落ちたのだろう、ジグを落とすと魚探反応が沈んで消えてしまうようになってしまった・・・・。

で、ダメ元でシチュエーションを変えてみることにした。


魚探反応が消えてしまう最悪の状況のときの対応策として2つ考えていることがある。

そのうちの1つはある条件を満たしていないとできないが、今回はその条件を満たしていたので試してみた。

しばらくすると思惑通りに魚探反応を攻めることができ、その上のレンジでヒット!

なかなかの重量感だったしドラグ音が鳴る、鳴る!

ヒットしたレンジに何回も戻ろうとしてなかなか上がってこなかったので、てっきり大型の青物だと思った。

でもやりとりの終盤からもしかして?と感じた通り、浮いてきたのは大型の真鯛(76㎝)!

会心のヒットとやりとりに悦に入ってしまった。(笑)

真鯛(76㎝)2017.04.21.jpg



真鯛のヒットはここまでで、この後は青物とマフグとホウボウで終了・・・・。

中型・小型の真鯛がまだ来ていない三厩の海。

本命の数は出ていないが、サイズに関しては申し分ないでしょう。

三厩真鯛2枚の時点でアベレージ74㎝って以前書いたけど、

この時点で7枚のアベレージ69㎝なので。(笑)


最終的な結果は、真鯛×2(76~66㎝)、青物×8、ホウボウ、マフグ×3でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

良型真鯛2枚 [真鯛]

【2017.4.19】

 明け方から数時間だけ風が落ちる予報。

朝マズメに活性が高いことに期待して4時30分頃に出船した。


定番エリアの魚探反応は日を追うごとに良くなっていて、この日も良好だった。

その魚探反応を攻めて、開始から5分も経たずにヒット!

良型の真鯛(65㎝)キャッチした!


すぐさまジグを投入。

数分後には真鯛(70㎝)を追加した!

真鯛(70㎝)2017.04.19.jpg


快調な出だしだったが、真鯛からのコンタクトはこれにて終了・・・・。

潮境があって、沖側と陸側では流れる速さが大きく異なり、流れる角度も若干違い、

魚探反応の出方も明らかに違った。

ここまで極端に違うこともめったにないが、

結局この潮境に翻弄されている間に時合いが過ぎた感じだった・・・・。


先日(4/17)、うんざりさせられた青物は健在。(笑)

そのときほど活性が高かったわけではないが、この日も6ヒット6キャッチ。

青物の活性がなるべく上がらないように!と心がけてやっているんだけど。(笑)


最終的な結果は、真鯛×2(70~65㎝)、青物×6、マフグ×6でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青物地獄でした(笑) [真鯛]

【2017.4.17】

 大荒れの日が続き、楽しみにしていた遊漁は中止の連続・・・・。

となれば漁業でがんばるしかない!気合いを入れ4時頃出船した。

果たして真鯛の数は増えているのか?

期待しながら定番エリアに入った。


魚探反応は期待したほどではなかったが、それなりにあった。

しかし、真鯛からの反応はなく、釣れてきたのはクロメバルが2匹。

途中、エサ屋清栄丸さんと並んでやったが、何かを釣り上げた直後に移動していった。

おそらく真鯛ではなかったんでしょうね。

こちら成栄丸では真鯛が釣れそうな気配がなかった・・・・。


定番エリアは地形の変化に富んでいる。

ねらうべきレンジはボトムなのか?中層なのか?

濃厚な魚探反応を攻めれれば答えは簡単だが、そのときは魚探反応が出ていなかった。

中層の様子を探っていたが芳しくなく、次の展開を考えていたときだった。

運良く中層でヒット!

綺麗な真鯛(64㎝)キャッチできた!


このキャッチで安堵もしたし、もちろんテンションも上がった。

しかし、この後はテンションが下がる一方で、疲労だけが蓄積していった・・・・。


徐々に船の流れる角度は変わり、潮は速くなっていった。


濃厚な魚探反応は点在し、それらを攻めることができた。



しかし・・・・。



ジグが落ちていかないのだ・・・・。



2~3匹目くらいまでは「しかたがないか・・・・」と思ったが、だんだんうんざりしてくる・・・・・。



まさしく青物地獄!(笑)



そのほとんどが出ている魚探反応の上のレンジでフォール中にヒットした。



なので、魚探反応の下までジグが落ちただけでうれしくなることもあったくらいだ。(笑)



そして、ヒットしてくるのは良型のワラサがほとんどなので、やりとりに時間がかかるし、疲れも溜まる。



真鯛をねらいたいのに、それができないことにうんざりだった・・・・。



ということで、昨年よりも早く、三厩に青物が来襲してきたという感じで、

「青物も歓迎!」という方には吉報かな?(笑)

出ていた魚探反応に真鯛もいると思うが、青物が先にヒットしちゃうから確かめられなかった・・・・。


最終的な結果は、真鯛(64㎝)、青物×24、クロメバル×2、マフグ×3でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今シーズン2枚目の三厩真鯛! [真鯛]

【2017.4.11】

 先日(4/8)、2017年初の三厩の真鯛(72㎝・4.2㎏)キャッチした。

翌4/9は、撃沈したものの魚探反応が出るパターンを見つけた。

そして、4/10。

その魚探反応が出るパターンを最初から攻めて開始から間もなくしてヒット!

しかし、残念ながらすっぽ抜けてしまった・・・・。

その後は、絶好の魚探反応が出ても、ジグを通すとその反応が沈んでしまう低活性・・・・。

途中からクロメバルねらいの仕掛けを置き竿にしながら真鯛もねらったが、

釣れたのはワラサ×3マゾイだけだった。


4/11。

前日と同様に魚探反応が出るパターンから開始すると、ほどなくして絶好の魚探反応が出た。

ジグをスローで通しているとググンと一発でヒット!

シーズン2枚目となる三厩真鯛(76㎝・5.0㎏)をキャッチできた!

真鯛(76㎝)2017.04.11.jpg


この後もヒットは連発!

しかし、釣れてくるのは2~3㎏のワラサ・・・・。

ジグが着底する前にフォールでヒットしてしまうからどうしようもない・・・・。

そして、潮の流れが変わり始めると青物すら釣れないまったりタイムに突入していった・・・・。


この4日間、4/9を除き、真鯛に関してはワンチャンスのみ・・・・。

まだ個体数が多くないこともあるだろうが、活性が高くないことを物語るような魚探反応がほとんどだ。

ま、潮按配によって魚探反応の出方が理想に近いものになれば、ヒットチャンスは増えると思う。

とは言っても、この日好調だった小泊のようにはいかないでしょう。そこまで個体数は多くないので。

個体数が多くないのは、中型・小型がまだ来ていないから。

ということは、今の三厩では釣れれば大型・良型が期待できる。

なんたって、現時点での成栄丸の三厩真鯛のアベレージは74㎝!

まだ2枚しかキャッチしていないけど。(笑)

ま、毎年のことだけど、シーズン初期の三厩真鯛の魅力のひとつとして強調させていただきます。(笑)



この日はこのままワンチャンスのみで終わるのだろうと思っていた。

転々とした後、朝一のエリアに戻ると、魚探反応の出方が少し違った。

そして、ジグを落としても通しても、その反応は沈まないし消えない。

もしかして活性が上がっているのか?

ちょっとドキドキしながら絶好の魚探反応を攻めるがバイトはない・・・・。

朝一のようなイージーにヒットしてくるほどの活性はないようだ。

おそらくこんな攻め方をする人はいないだろうという攻め方を試していると、な・な・なんとヒット!

でも食いが浅いんでしょうね・・・・、10mほど巻いたところですっぽ抜けてしまった・・・・。

そのまま魚探反応が出ているレンジまで落とし、同じ攻め方をしているとコツッとバイト!

ここで今シーズン初の『技』でさらにバイトを誘う。

もういないのか?

コツコツッ!

お、まだいる!

焦らず粘っていると、ロッドティップがグ~ンと入っていったので、ここで合わせ!

・・・・・・

残念ながら乗らなかった・・・・。


この後、2時間ほどがんばったけど、ノーバイトのまま終了時間を迎えたとさ。(笑)


最終的な結果は、真鯛(76㎝・5㎏)、青物×8、ミズクサでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。