So-net無料ブログ作成
検索選択

三厩真鯛復活?の13枚 [真鯛]

【2017.5.21】

 ベイトの群れがいなくなり、それに伴い真鯛の群れも移動してしまったのだろう。

三厩の真鯛は厳しい状況に陥っていた。

5/10は、3名のお客様とともに攻めたが、朝一に全員にバイトがあったものの真鯛レス・・・・。

5/11は朝一の魚探反応すら見つけられなかった・・・・。

5/13も良好な魚探反応に出会うことはなく、1名のお客様と撃沈だった・・・・。


久々の凪だった5/16は平舘に遠征したが、相性の悪さは健在。(笑)

各船0~5枚という渋い日だったが、魚探反応は出たので群れが散っているわけではなく、

わずかに活性がある個体を拾う展開では人数には敵わなかった・・・・。


5/17からは朝一のみ真鯛の状況を確認してからウスメバルをねらった。


5/18は、久々に良好な魚探反応が出たものの真鯛は釣れなかった。

でも、希望を持てたことは収穫だった。

そして5/19も良好な魚探反応を攻めることができ、真鯛(38㎝)真鯛(45㎝)をキャッチ!

すぐに活性が落ちてしまい、その後はショートバイトが数回だったが、

平舘遠征を考えていた翌日からの遊漁は三厩で勝負できるだろうと確信した。


本日5/21。

5名のお客様とともに3時頃に出船した。

期待していた良好な魚探反応は出ず、映るのは中層に単独もしくは数匹の群れの真鯛だけだった。

ベイトに絡んでいないので、特別に活性が高いわけではない・・・・。

朝一に釣れたのは、長沢さん真鯛(47㎝)沢田さん真鯛(44㎝)のみ。

正直言ってまずい展開だと思った。


真鯛の反応は出るものの、ベイト反応があまりにも出ないので、大きく移動することにした。

そして、イワシだろうと思われる真っ赤な魚探反応が出るエリアで再開した。

その魚探反応を攻めれば次々とロッドは曲がった!

しかし、釣れてくるのは良型のクロソイ青物ばかり・・・・。

そんな中、出村さん真鯛(52㎝)をキャッチ!

この1枚はこの日の展開を左右する貴重なものとなり、船を入れ直す際の根拠を持つことができた。


終わってみれば、真鯛は二桁の13枚(59~44㎝)

青物も集中力を切らさない程度に適度に釣れたかな?という感じで最大82㎝も含み15本ほど。

その他は良型含みでクロソイが10匹マゾイだった。

長沢さん2017.05.21.jpg

山下さん2017.05.21.jpg

出村さん2017.05.21.jpg

三上さん2017.05.21.jpg

沢田さん2017.05.21.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: