So-net無料ブログ作成

新しいパターンで真鯛7枚、青物5本! [真鯛]

【2017.5.2】

 3名のお客様とともに3時30分頃に出船した。

今回はホントに厳しかった・・・・。

前々日(4/30)と違って、魚探反応がなさすぎ・・・・。

ようやく見つけて流し始めても、風と波のためシーアンカーを入れているうちにずれてしまう・・・・。

これは魚探に映る群れが小さいことも表している。

さらに、上と下の潮が同調していないので、ラインは斜めになりまくり・・・・。

釣り辛いったらありゃしなかった・・・・。


それでも活性がある真鯛がいることを期待して、

漁礁や根、ブレイクなどシチュエーションを変えながら流してみたが、

ヒットしてきたのは青物、クロメバル、マゾイ、ミズクサだけだった・・・・。


期待の朝一はとうに過ぎ、たぶん8時は過ぎていたと思う。

それまでと違う変化が表れてきたので、その変化に賭けるような気持ちで、そのまま流れてみた。

しかし、時間だけが過ぎ、望むような結果にはつながらない・・・・。

心が折れかかり、大きく移動するしか手はないだろうと思い始めていたときだった。

8時50分頃、横田さんにヒット!

ロッドティップに伝わる動きは、まさしく真鯛!

テンションが上がりまくったtomyを横目に(笑)、落ち着いたやりとりで真鯛(55㎝)をキャッチ!

この後の展開に大きな希望を与えてくれたことに感謝である!

横田さん(58㎝)2017.05.02.jpg


真鯛がいることがわかれば集中力も増してくる。

ちょっと間が空いたが、tomyも真鯛(53㎝)をキャッチし続くことができたし、

ほぼ同時に横田さん真鯛(54㎝)を追加した。


この流しは、ジグやタイラバを落としてただ巻いているだけでは対応できない特殊な状況といえるだろう。

成栄丸にとっては「新しいパターン」であり、少しでも効率的な攻め方が必要だと思われる。

我慢を強いられながらも、そんな攻め方を続けていた横田さんはさらに真鯛(58㎝)を追加!(9:45頃)

結果が伴わない時間が続いても、やはり継続していたtomyも真鯛(60㎝)を追加した!(10:25頃)


船頭としていつも願うことは乗船された皆さん全員に釣ってほしいということ。

今回は自分も竿を出すことができ、結果も伴った。

2枚目のキャッチで確信となったこともあり、やっていたことを具体的に残りのお二人に伝えた。

と、10分も経たずに佐々木さんにヒット!

苦節約7時間(笑)、待望の真鯛(52㎝)をキャッチした!

佐々木さん(52㎝)2017.05.02.jpg


残るお一人もキャッチできれば万々歳なのだが・・・・。

佐々木さんのキャッチから15分ほど経ち、ほほ終了予定時間を迎えていた。

釣り座が対角線側だったので気づくのに遅れたが、

浅沼さんのロッドもグングンと曲がっているではないか!

急いでタモ入れの態勢を整え、ドキドキしながら魚影が見えるのを待った。

そして無事にネットインしたのは真鯛(55㎝)だった!

浅沼さん(55㎝)2017.05.02.jpg


これにて全員キャッチに成功!めでたし、めでたし!


最終的な結果は、真鯛×7(60~52㎝)、青物×5 、クロメバル×2、マゾイ、ミズクサ、マフグ多数でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。