So-net無料ブログ作成

今シーズン2枚目の三厩真鯛! [真鯛]

【2017.4.11】

 先日(4/8)、2017年初の三厩の真鯛(72㎝・4.2㎏)をキャッチした。

翌4/9は、撃沈したものの魚探反応が出るパターンを見つけた。

そして、4/10。

その魚探反応が出るパターンを最初から攻めて開始から間もなくしてヒット!

しかし、残念ながらすっぽ抜けてしまった・・・・。

その後は、絶好の魚探反応が出ても、ジグを通すとその反応が沈んでしまう低活性・・・・。

途中からクロメバルねらいの仕掛けを置き竿にしながら真鯛もねらったが、

釣れたのはワラサ×3マゾイだけだった。


4/11。

前日と同様に魚探反応が出るパターンから開始すると、ほどなくして絶好の魚探反応が出た。

ジグをスローで通しているとググンと一発でヒット!

今シーズン2枚目となる三厩真鯛(76㎝・5.0㎏)をキャッチできた!

真鯛(76㎝)2017.04.11.jpg


この後もヒットは連発!

しかし、釣れてくるのは2~3㎏のワラサ・・・・。

ジグが着底する前にフォールでヒットしてしまうからどうしようもない・・・・。

そして、潮の流れが変わり始めると青物すら釣れないまったりタイムに突入していった・・・・。


この4日間、4/9を除き、真鯛に関してはワンチャンスのみ・・・・。

まだ個体数が多くないこともあるだろうが、活性が高くないことを物語るような魚探反応がほとんどだ。

ま、潮按配によって魚探反応の出方が理想に近いものになれば、ヒットチャンスは増えると思う。

とは言っても、この日好調だった小泊のようにはいかないでしょう。そこまで個体数は多くないので。

個体数が多くないのは、中型・小型がまだ来ていないから。

ということは、今の三厩では釣れれば大型・良型が期待できる。

なんたって、現時点での成栄丸の三厩真鯛のアベレージは74㎝!

まだ2枚しかキャッチしていないけど。(笑)

ま、毎年のことだけど、シーズン初期の三厩真鯛の魅力のひとつとして強調させていただきます。(笑)



この日はこのままワンチャンスのみで終わるのだろうと思っていた。

転々とした後、朝一のエリアに戻ると、魚探反応の出方が少し違った。

そして、ジグを落としても通しても、その反応は沈まないし消えない。

もしかして活性が上がっているのか?

ちょっとドキドキしながら絶好の魚探反応を攻めるがバイトはない・・・・。

朝一のようなイージーにヒットしてくるほどの活性はないようだ。

おそらくこんな攻め方をする人はいないだろうという攻め方を試していると、な・な・なんとヒット!

でも食いが浅いんでしょうね・・・・、10mほど巻いたところですっぽ抜けてしまった・・・・。

そのまま魚探反応が出ているレンジまで落とし、同じ攻め方をしているとコツッとバイト!

ここで今シーズン初の『技』でさらにバイトを誘う。

もういないのか?

コツコツッ!

お、まだいる!

焦らず粘っていると、ロッドティップがグ~ンと入っていったので、ここで合わせ!

・・・・・・

残念ながら乗らなかった・・・・。


この後、2時間ほどがんばったけど、ノーバイトのまま終了時間を迎えたとさ。(笑)


最終的な結果は、真鯛(76㎝・5㎏)、青物×8、ミズクサでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0