So-net無料ブログ作成
検索選択

成栄丸でも2017年の初真鯛 [真鯛]

【2017.4.2】

 ちょっと寝坊してしまい、明るくなった5時過ぎに一人で出船した。

まずは、三厩の真鯛の定番ポイントに行ったが、前日と同様に期待感は皆無・・・・。

1時間ほどで見切り、魚探反応を見ながらゆっくりと竜飛方面に向かった。


竜飛ではすでに刺し網が入っている。

そのブイがあるあたりを過ぎたらボトムに濃厚な魚探反応が出た。

とりあえずジグを投入するとフォールでヒットしてしまった。


実はこの行動は反省しなければならないこと。

若干風が強いのにスカンパーの準備をしていなかったので風に船を立てれない状況だったし、

まだ潮の流れの速さ・角度も把握していなかった・・・・。

ヒットした魚はてっきり青物だと思った。

こんな状態で長いやりとりをして、万が一刺し網のブイにビンゴで流されてしまったら・・・・。

気が気でない状態で強引にやりとりをした。

で、見えてきたのは真鯛(60㎝)

少し感激が薄いものになってしまったが、

それでも成栄丸に今期の初真鯛が釣れたことを重視したいと思う。(笑)

真鯛(60㎝)2017.04.02.jpg



この後は、見つけた魚探反応に合わせてシーアンカーを入れて攻めた。

船はゆっくり陸のほうに流され、表層の潮は緩かったが、

ラインはそれなりに斜めになり、下の潮はあまり動いていないことが読み取れた。

その魚探反応をスローで攻めてもアタリは出ないし、ファーストでもダメ・・・・。

魚探に映っているのは魚群ではなく、刺し網なのか?と疑いたくなるほどアタリが出なかった。

船の上手と下手のブイの位置を確認し、刺し網ではないよな~と思いながら、

魚の活性が低そうだったのでリアクションねらいのメソットを多用するようにしたらヒットしてきたので、

魚探に映っていたのはやはり魚群ということだった。(笑)


で、ヒットしてきたのは良型のワラササイズの青物。

青物でも良いという人には歓迎の魚だが、漁業で出船の成栄丸にはフグやネコザメと同様の邪魔者・・・・。

ま、これは個々の考え方だが、今年も真鯛ねらいでの青物は避けられそうもないと改めて思った。


最終的な結果は、真鯛(60㎝)、ワラサ×5でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0