So-net無料ブログ作成
検索選択

オニカサゴ28+4匹 [オニカサゴ]

【2016.11.26】

 オニカサゴねらいで、3名のお客様とともに6時頃に出船した。

遊漁ではここ3回ほど好調だったと言ってもいいと思うが、今回は惨敗感が強い・・・・

予報から期待したほど風が落ちず、本命ポイントではけっこううねりと波があった。

潮汐から少しは覚悟していたが、潮がぐしゃぐしゃで緩く、船を入れ直すたびに方向・角度が違う。

そして、待っても待っても潮は良い感じには流れず、アタリの遠い時間が長かった。

終わってみればオニカサゴ×28+4で、そんなに悪い結果ではなかったのだが・・・・。


オニカサゴの釣り方で最も重要なことはボトムレンジをキープすること。

これさえできれば置き竿でも釣れるので、釣り方自体はそんなに難しくない。

しかし、釣果に差が出るのは事実。

11/3は、3名で、10匹と3匹と2匹。

11/7は、2名で、19匹と11匹。

11/14も、2名で、21匹と13匹。

11/19は、4名で、15匹と14匹と9匹と6匹。

そして今回は、4名で、11匹と7匹と6匹と4匹。

この釣果の差は、その日の潮とポイントに対して、仕掛けや誘い方が合っているか否かの差なのかもしれない。

釣り座による有利・不利はあると思うが、tomyが一人でやっているときに、

置き竿のてんびん仕掛けには釣れず、ジグエサで4連発ということもあったし、

2012.9.16にはお一人が入れ食いということもあった。

この日は、入れ食いの方が休憩し残り3名が誘い続けてヒットがないのに、

その方が仕掛けを投入すると即ヒット!という場面が数回あった。

やはり、その日の潮とポイントに対して、仕掛けや誘い方が合っているか否かの差なのだと思う。


最近感じていること、それは、潮の速さに対して『仕掛けの長さ』が大きな要素になるのではないかということ。

ちなみにtomyの仕掛けは、お客様のものと比べれば最も短い。

で、潮が速かったりベストと思われる11/3・11/7・11/14の釣果はビリ。(笑)

そして、潮が緩かった今回はヒット数が一番多かった。

ま、まだまだわからないことだらけだけど、オニカサゴは釣果に差が出やすいのは事実。

ここにオニカサゴねらいのおもしろさのひとつがあるのだとも思う。


今回は、オニカサゴ以外で船中が盛り上がった場面があった。

画像を残さないでしまったが、桃太郎さん巨大なミズダコをヒットさせた!

いつもなら船上が戦場になるのだが(笑)、中村さんがネットを持ってきていて、

釣りバカスーさんが手際よく収納し、事なきを得た。

さらに、桃太郎さん大型のナメタガレイ(54㎝)をヒット!

ちょいと興奮させてもらいました!

桃太郎さん2016.11.26.jpg


最終的な結果は、オニカサゴ×28+4、ナメタガレイ(54㎝)、巨大ミズダコ、

アイナメ、イナダ×2、ミズクサ×7、ネコザメ×7だった。


タグ:TOMY 成栄丸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0