So-net無料ブログ作成

大苦戦・・・・ [オニカサゴ]

【2016.10.19】

 3名のお客様とともに5時頃出船した。

目指したのは「一か八か」でポイント2。

ここでの記録は2人で60匹以上。助っ人1号さんが思わず「パラダイス」とつぶやいたほどで、

海況さえ良ければ、二桁の釣果は約束されているようなものだった。

しかし、昨年・一昨年の釣果は0で、今年も5/19に調査したがミズクサとカジカしか釣れていない・・・・。

ここ数年実績がないものの、tomyも含めた4人で攻めればどうなのか?

「一か八か」で攻めてみたかった。


やり始めは潮がそこそこ速く、風もそれなりにあり、船を立てるのが難しく、その分釣り辛かった。

それでも石岡さんオニカサゴをキャッチし、まだ残っている個体がいることが確認できた。

船を入れ直すこと数回。

岩淵さんオニカサゴをキャッチしたが、

その他はミズクサ、ワラサ、ホシザメ、タコで、ネコザメの数が圧倒的に多かった。

ネコザメの釣果が、この日の状況が良くないことを物語っていたし、

やはりオニカサゴの魚影が薄くなってしまっていることを実感した。

他にも攻めたいポイントがあったので、ポイント2を見切り移動することにした。


移動の途中、過去実績があった数か所のピンポイントをちょっとずつ試したがダメ・・・・。

そして目指したポイントに到着した。

ここは前日初めて釣れたホヤホヤのところ。期待感は大きかった。

しかし、潮が止まり始めていて船が流れず、広範囲を探れない・・・・。

時間だけが虚しく過ぎていった・・・・。


船が流れないときは、「せめてこうしたほうが良い」と思っていることがあるので、そのために移動。

ポイント38を少し試してダメだった後、さらにピンポイントに移動した。

そしてこちらでtomyにオニカサゴがヒット。

なんとこれが船中3匹目・・・・。この日はホントに大苦戦だった・・・・。

このとき潮が少しずつ動いてきていた。

そのまま流れるのはリスクが伴うので、思い切ってポイント40に移動することにした。


残り時間はわずか・・・・。

ポイント40ではすでに潮は良い感じで流れていた。

そして石岡さん良型のオニカサゴをキャッチし、

続いて高橋さん良型のオニカサゴをキャッチ!

大苦戦で貧果の半日だったが、全員がキャッチできたことがせめてもの救いだった・・・・。


最終的な結果は、オニカサゴ×5、ワラサ、マゾイ、ミズクサ×3、タコ、ホシザメ、ネコザメ×17だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。