So-net無料ブログ作成

オニカサゴ、大型も含み11匹 [オニカサゴ]

【2016.10.2】

 4名のお客様とともに5時前に出船した。

チョイスしたのは久々のポイント3。

2年前は良い感じで釣れてくれたが、その後は釣れても1匹という感じだった。

それでも4人で攻めれば少しは釣れるかも?と期待してみた。


1回目の流しで、石岡(邦)さんが早々に本命のオニカサゴをキャッチ!

残っている個体がいたことに安堵させてもらった。

そして、2回目の流しで、岩淵さん工藤さんオニカサゴをキャッチし、まずまずの出だしとなった。


オニカサゴねらいにおいて、2つの重要なことがあると思っている。

今回はそのうちの1つを満たしていない・・・・。

そのため船を立てずに素流しで攻めたが、

上と下の潮が同調していなくてラインがけっこう出て釣り辛い状況・・・・。

釣り辛さを解消するには船を立てればいいのだが、ネコザメ地獄が待っているだけなので、

我慢を強いる形で続けてもらった。

それでも3回目の流しを終えて、ネコザメの船中のキャッチ数は10匹になっていた・・・・。


ちょっとだけ移動した4回目の流しでは、風が強くなり、素流しでは釣りが成立しなくなってしまった・・・・。

船を入れ直し、5回目以降は船を立てた。

そして過去の実績を元にピンポイントをラン&ガンしたが、アタリが遠い時間が続いてしまった・・・・。


残り時間が2時間ほどになった頃、ポイント37に移動した。

短い距離を2回流し、ネコザメが4匹・・・・。

まだ本命を手にしていない方がいたので焦りに焦りまくっていたが、潮の状況は変わってくれていなかった・・・・。


最後の望みを託し、ポイント38に移動。

ここで、この日一人勝ち状態の岩淵さん大型のオニカサゴをキャッチ!

さらに工藤さん良型のオニカサゴをキャッチした!


そして船を入れ直し最後の流しとなった。

ここまで本命ノーキャッチは石岡(守)さん

終盤は、彼のロッドティップとラインを見る回数が最も多く、それに合わせて船を立てていた。

流し始めて少ししたときだった。

明らかなアタリがロッドティップに伝わったのが見えた!

来た~~~~~!!!!!!!

ベテランの石岡(守)さんは落ち着いているように見えたが、若僧のtomyはかなり興奮した!(笑)

あとは祈るのみ、「バレないで!バレないで!」と。

で、最後の最後に良型のオニカサゴが船上に上がり、なんとか全員キャッチで終了となった。

岩渕さん一行2016.10.02.jpg


最終的な結果は、オニカサゴ×11、ネコザメ×20、ホシザメ。

ネコザメのキャッチ数が、この日厳しい状況だったことを示している。

そんな中、前回(8/28)の同メンバーのオニカサゴのキャッチ数を越えれたのが少しは救いである。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。