So-net無料ブログ作成
検索選択

午後は真鯛×2+4と珍しいマゴチ! [真鯛]

【2016.7.9】

【午前】

 3時過ぎに一人で出船。

まずは真鯛をチェックするもいつものように異状がないまま、5時過ぎにはオニカサゴねらいに移行した。


まずはポイント36。

潮が動かず風もない。

こりゃ~ダメだな・・・・と思った通り、ネコザメを4連発・・・・。

手の打ちようがないので、大きく移動することにした。


気になっていたのは7/2にお客様に釣れたポイント11から外れた周辺。

7/2の航跡が消えないうちに調査しておきたかった。

潮は緩いもののオニカサゴが釣れてもいいくらいでは流れていたので、

ネコザメとミズクサの攻撃に我慢しながら数回流してみた。

しかし、残念ながらオニカサゴは釣れなかった・・・・。


この時点でボウズで終わることを覚悟した。

午後の遊漁のため10時過ぎには終わる予定だったが、もう少し時間があるので、

釣れないだろうとは思いながら、ポイント11を流してみた。

4回ほど入れ直したかな?

まだ残っているヤツラがいてくれて、なんとかオニカサゴを4匹キャッチ!

すべて良型だったのがラッキーだった。


最終的な結果は、オニカサゴ×4、マゾイ、ミズクサ×3、ネコザメ×11だった。



【午後】

 4名のお客様とともに真鯛ねらいで12時頃出船した。

出船前に気になっていたのは、果たしてストロングパターンの流れになってくれるのか?

そのためにはつっこみ潮が来なければならないが、午前の釣行ではそれを確認できていなかった。


午前の帰港時、その周辺に鳥山やナブラがあったポイント5から開始した。

つっこみ潮は?

船の流れ方、ラインの出方からつっこみ潮が来ていることを確認でき、まずは一安心した。

しばらくは釣り辛い状態が続くが、我慢してもらいながら状況が変化するのを待った。


この間釣れたのは、ミズクサ、サバ、カナガシラ、そしてノーカウントサイズの真鯛

さらに、佐藤(方)さんが昨年に引き続きオニカサゴ!

そして、久々にワラサも釣れてくれた。


潮の流れ方が徐々に変わり、それまで深いほうに流れていたのが浅いほうに流れていた。

佐藤(徹)さんに待望の真鯛がヒット!と思われたが、

上がってきたのは、成栄丸ではtomy以外では過去一人しか釣っていない珍しいマゴチだった!

佐藤(徹)さん2016.07.09.jpg


もう少しでストロングパターンの流れ方になろうかという頃、

かれい人さんがカウントサイズの真鯛(43㎝)をキャッチ!

かれい人さん2016.07.09.jpg


そのすぐ後に、佐藤(方)さんがカウントサイズにもう少しの真鯛(39㎝)と続いた!


いよいよストロングパターンの流れ方になった。

一昨年のこの時期、連日の30枚越えだったが、今年はそうはならない・・・・。

それでも真鯛釣り初挑戦の佐藤(一)さんに待望のヒット!

ドラグを滑らせるほどではなかったが、

真鯛(47㎝)が突っ込むたびに声を上げる佐藤(一)さんの興奮が伝わってきたし、

お仲間の声援やキャッチ後の祝福の声など、この日一番盛り上がった場面だった。

佐藤(一)さん2016.07.09.jpg


最終的な結果は、真鯛×2(47~43㎝)+4、オニカサゴ、マゴチ、ワラサ、サバ×4

、ミズクサ×8、カナガシラ×2だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0