So-net無料ブログ作成
検索選択

激渋潮だったけど真鯛3枚 [真鯛]

【2016.6.5】

 6名のお客様とともに2時30分頃に出船し、平舘を目指した。

エリアに到着し魚探反応を探すが、まったく出ない・・・・。

反応探しで時間を浪費し、朝マズメの時間に竿を出していなかった・・・・なんてなったら、

早い時間に集合してもらった意味がなくなるので、前日まあまあの魚探反応が出た辺りから開始した。


風が強く、うねりを伴った波で、船が変な揺れ方をしたりで、かなり釣り辛い・・・・。

おまけに強い風で体感気温は低く、かなり寒い・・・・。

さらにおまけに魚探反応がほとんど出ない・・・・。

まるで何かの罰を受けているかのような感じだった・・・・。

そんな苦行状態が続く中、沈黙を破ったのが長峰さん!

出船前、前日のヒットレンジ等を確認していたが、そのレンジも攻めていたようだ。

寒さに震える皆さんを熱くさせてくれる真鯛(57㎝)をキャッチでした!

長峰さん(57㎝)2016.06.05.jpg


それにしても魚探反応が出ない・・・・。

前日はショボイながらも魚探反応が出たので、攻めるべきレンジを絞ってそれなりに釣れた。

今回は魚探反応が出ないので、レンジを絞ることができない・・・・。

開始時の水温とその後の変化、その他諸々の状況から激渋潮と判断。

対応策がないわけではないが、今回はやりきれない状況だったので、

平舘に詳しい小野さんにアドバイスをもらいながらシチュエーションを変えることにした。


ボトム付近に魚探反応があったところから再開。

ここにいた魚には活性があったようで、小野さんが難なく真鯛(49㎝)をキャッチした!

小野さん(49㎝)2016.06.05.jpg


激渋潮に対しての活路が開けるかな?と期待したが、

同じような感じで3回流したがダメよ~ダメダメ状態は改善せず・・・・。

船団があるほうに移動することにした。


青物だろうと思われる濃厚な魚探反応があるところから再開。

フッ、青物も食ってこない・・・・。

厳しい状況は厳しいままだったが、な・な・なんと長峰さんが真鯛(44㎝)をキャッチ!

激渋潮の中で価値ある1枚だった!


この流しでは比較的魚探反応が出た、ボトム付近に。

その映り方から活性が低いことは読み取れたが、これならもしかしてヒットするか?という場面もあった。

しかし、どなたにも反応なし・・・・。

頃合いを見て船を入れ直したが、潮が止まり始め船が流れなくなってしまった・・・・。

潮が動くのを待つほど時間が残っていなかったので、

すでに潮が動いているだろう高野崎方面に戻りながら、

魚探反応があったら攻めることにして移動を開始した。


連続して中層に魚探反応が3回出たら攻めるつもりだったが、出ても2つまで・・・・。

それでも海面の様子から潮が動いているのが読み取れたので、期待感を持って魚探を注視した。

で、ようやく高野崎の根でこの日最高の魚探反応に遭遇!

案の定、潮の流れは悪くないが、魚の活性が上がっていないのか、どなたにもヒットせず・・・・。

鋳釜崎でも2回ほど流したが、こちらでもダメだった・・・・。

最後は大泊沖。

青物が1本キャッチされた後、最後の流しであることを告げ船を入れ直した。

ここから青物祭り開幕!

激渋潮に忍耐を強いられてきたお客様全員に青物がヒットしたことが、せめても救いだった。


最終的な結果は、真鯛×3(57~44㎝)、青物×9でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: