So-net無料ブログ作成
検索選択

平舘に今季初挑戦! [真鯛]

【2016.5.31】

 かなり早めに一人で出船。平舘を目指した。

朝マズメを迎える前の暗い中、灯りを点けると海面にベイトが寄ってきて、魚探も中層まで真っ赤になった。

ボトムにも魚探反応が映るが、ヒットしてくる魚はナシ・・・・。

そんな中、中層でようやくヒット!

明らかに真鯛や青物ではなかったので、その手ごたえからアブラツノザメだろうと思った。

なんだよ~と思いながら、少々強引に寄せたら、見えてきたのは平べったい魚!

慌ててタモ入れしたのはヒラメ(84㎝)だった!


朝マズメを迎えても、船を何回か入れ直しても、ヒットしてくる魚はナシ・・・・。

おそらく活性が上がらない潮だったのだろう。

それでも単独または数匹の群れの真鯛と思われる魚探反応が時折映る。

で、最も映るレンジを少しでも長く攻めるためアンダーでフルキャスト。

追い風に乗せれば60mくらいは飛ぶので、ちょっとだけ快感。(笑)

ただ巻きではなんもないので、昔渓流釣りでやっていたトゥイッチなどを織り交ぜながら試してみた。

何回か繰り返していると、ようやく何かがヒット!

その手ごたえから真鯛と確信しドキドキしながら慎重に寄せた。

で、真鯛(53㎝)をキャッチ!

真鯛が釣れた喜び、レンジを攻略できた喜び、相性が悪いと思っている平舘で釣れた喜び、

三厩でもやってきたが結果が出ず数年ぶりのヒットパターンだった喜びなど、様々な喜びを噛みしめた。(笑)


この後はヒットが連発!

となればいいのだが、そんなに甘いものではない・・・・。

最初はずっと向こうにいた船がこちら側に移動してきていたので、おそらく真鯛の活性は高くないはず。

それでも約1時間後にファースト真鯛と同じパターンで真鯛(52㎝)を追加できた。


この魚探反応の出方は青物だな!と思いながら、それを確認するためにリアクションで青物をキャッチ。

ということは、こういう反応の出方が真鯛だろうとリアクションを混ぜてもなにもナシ・・・・。

おや、この反応の出方は?というときに中層でヒットしたのはアブラツノザメだった。


今年初めて平舘でやってみたが、例年なら三厩に残るはずの真鯛も平舘に来ているのだろう。

数年前にも同様のことがあり、そのときは三厩の海は生命感が乏しいのに、

平舘の海は鳥山がバンバン、イルカがたくさんで生命感だらけということがあった。

他船の釣果からも、平舘の真鯛の魚影はすこぶる濃いと言えるだろう。


全体的に活性が低くても魚影が濃ければ、少しは活性がある個体や群れに出会えるチャンスはある。

7時頃、フォール中にヒットし真鯛(39㎝)をキャッチし、

そのすぐ後に回収中の上層で真鯛(41㎝)もヒットした。

この前に青物がヒットしていたので、この2枚の真鯛は青物だと思いながらグリグリ巻いてのキャッチでした。(笑)


終盤はボトムからの素直な巻き上げで真鯛(54㎝)をキャッチ。

ボトムを取りスローリトリーブで、「技」を使うまでもなく活性がある個体がヒットしたのは4月14日以来かな?

なんか遠い日を見つめてしまいそうな気分になってしまった。(笑)


水温が少し高い潮が流れてきていたし、真鯛の活性が上がってくることが期待できたが、

午後からの予報が悪かったので風向きが少し変わった時点で早めに終了。

最終的な結果は、真鯛×7(54~41㎝)+1の計8枚、ヒラメ(84㎝)、

青物×3(75㎝~)、アブラツノザメでした。


平舘の魚影の濃さがわかったし、三厩真鯛があまりにも厳しいので、

今後の真鯛の遊漁は当面平舘を中心に考えたいと思います。

しかし、平舘の地形や潮の流れ方の特徴などはほとんどわからないので、

事前に展開を計画することはできません・・・・。

また、土日の船の数は半端ないみたいなので、魚探反応を見つけて攻めるということも難しいでしょう。

船を流せるスペースを見つけて、ただ単に流してみる、

そして運が良ければ真鯛が釣れるという感じかな?

天候等で平舘には行けない場合もありますが、乗船される方々と相談して決めたいと思うし、

希望が割れた場合は一番最初にご予約を入れた方の希望を優先したいと思います。

足の遅い成栄丸では平舘までの移動に1時間、往復で2時間程度かかることをお含みを上、

相談された場合は希望を言ってくださいね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: