So-net無料ブログ作成
検索選択

午後は青物に救われました! [真鯛]

【2016.5.24】

【午前】

 4時頃一人で出船し、まずは浅場の魚探反応をチェックしてみた。

しかし、期待していたものは見られなかったので、近場のポイントに向けてゆっくり移動していった。

その途中、良好な魚探反応に遭遇し、真鯛(52㎝)をキャッチすることができた。


この後はアイナメが釣れただけで、それなりに出る魚探反応はジグを無視していく・・・・。

「そういえば!」と前々日松の字さんが置いていってくれたエサがあることを思い出し、

久々にジグエサをやってみた。

しかし、釣れたのはミズクサとカジカのみ・・・・。

エサを使っていると無性にオニカサゴをねらいたくなってしまい、その葛藤との戦いの時間が続いた。(笑)


で、結局仕掛けを交換しオニカサゴねらいに変更。(笑)

しかし、釣れない時間が続き、良好な魚探反応が出ると、

それを攻めたくなってしまうという葛藤の時間が続いた。(笑)


結局、ジグに交換し、青物を2本ほど釣って10時頃に終了。

最終的な結果は、真鯛×1(52㎝)、青物×2、アイナメ、ミズクサ×2、カジカ、フグだった。


【午後】

 3名のお客様とともに11時30分より前に出船。

出船前に「青物でもいいよ」ということが確認できていたので、少しは余裕を持つことができていた。


今回も潮の流れが良くなるはずだが、前日よりは遅くなると思ったので、どこで潮待ちをするか悩んだ。

とりあえず魚探反応を探しながら船を進めるが、これはという反応が出ない・・・・。

ショボイながらもあった反応を攻めてもらうが、その後の反応が出ない・・・・。

それを繰り返しながら、とうとう今回メインに考えていたエリアまで来てしまった。

で、いつもなら魚探反応が濃厚に出る漁礁の上すら留守状態・・・・。

ヤ・ヤ・ヤバイ・・・・という状況に追い込まれてしまった・・・・。

諸々の状況から「激渋潮」と判断し、それを説明して大きく移動することにした。


で、午前に攻めたエリアを目指して移動。

その間、水温が徐々に上がってくれたので、なんとかなるかもしれないと少しだけ期待した。

到着して最初の流しで潮の流れを確認。

まだ潮が来てなかったが、これは想定内。ここで潮待ちをすることにした。


地形の変化を攻めながら船を入れ直すこと数回。

徐々に流れが来ていることは確認できたが、真鯛どころか青物の気配すらない・・・・。

そして、シーアンカーを上げたときに出ていた濃厚な魚探反応を攻めてもらったとき、

その反応は仕掛けの落下とともに消えてしまった・・・・。

ヤ・ヤ・ヤバイ・・・・という状況に追い込まれてしまった・・・・。


もう一度流してダメだったので、一縷の望みを託してポイントを移動した。

こちらのほうが潮が流れていることはわかっていたので。

しかし、魚探反応が出ない・・・・。

残り時間のこともあるので、わずかながらの反応があったところから再開した。


沈黙の時間がしばし続いたが、ようやくtomyにワラサがヒット!

生け簀に入れていた分と合わせて3本になり、最悪の場合のお土産を確保できちょっとだけ安堵した。


この直後にバラシを演じていた浅沼さんだったが、ついにワラサをキャッチ!

少しして佐々木さんにもワラサがヒット!

そして、ヒットとヒットの間隔が短くなり、青物祭りに突入していった!


前半戦の苦戦がウソのように連発する青物!

あっという間に船中二桁を達成していた。

しかし、船釣りは20数年ぶりという高屋さんだけ取り残されていた・・・・。

お二人にアドバイスを受けながら一生懸命に攻め続ける高屋さん。

そして、ついにヒット~~~~!

めでたくワラサをキャッチでした!


船はすでに序盤に魚探反応がなかった今回のメインと考えていたエリアまで流されていた。

ちなみに、このときの水温は序盤に来たときより1度以上高かった。

そして魚探反応は出まくり!

さらに流され続けても魚探反応は出まくり!

だれかのロッドは曲がっているという状態が続いた。


最終的な結果は、青物多数、アイナメ×2、マゾイ×3、ミズクサ、カナガシラ。

今回は、激渋潮じゃない潮が残っていてくれて、青物に救われたという展開でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0