So-net無料ブログ作成
検索選択

西田式ブラーとアシストフック [漁師]

 4/30、風が強く、鯛ねらいで出船できません・・・・。

時間を持て余していたので、昔使っていた錆だらけの西田式ブラーのフックを結び直しました。

西田式ブラー1.jpg


私の場合、鯛ねらいの基本はジギングですが、

テンヤやブラーが有効な時があるかもしれないと思い始めています。

エサの入手が難しい環境なのでソフトルアーを使うつもりですが。



で、2つ結んだ時点で飽きちゃいました。(笑)

西田式ブラー2.jpg


というより、次の2点で、もっと違う方法でできないかと思案しました。

 ・フックポイントが甘くなっても、釣り場ですぐに交換できるようにする。

 ・すでに作ってあるアシストフックを使えないものか?


アシストフック.jpg


ちなみに、自作のアシストフックは小さいジグ用なので、ラインの輪はフックを通らない長さです。


そこで、西田式ブラーをちょっとだけ加工。

ビーズを通せないという欠点がありますが、なんとか成功!

西田式ブラー3.jpg


もしかしたら他にも欠点がある可能性がありますが、

真鯛が浅場で釣れるようになり、ある条件のときに試してみたいと思っています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1