So-net無料ブログ作成
検索選択

ボート釣行 11.03.30 [ボート]

 3/30、8時前に準備を終えて出船。

「サクラマス」を本命と考え、漁港を出て右のほうにハンドルを切った。

青森の海アメのメジャーポイントのYサーフ。

ここでサクラマスが釣れることがあるので、

そこに少しでも近いほうがいいかな?と単純に考えたからだ。

こちら方面で真鯛をねらったことがほとんどなく、ボトムの地形等もよくわからない。

一度だけ来たときにマークしていたところでジギングを開始した。



水深は30mちょっと。

時折ベイトフィッシュのような反応が魚探に映る。

前回のようなフグと思われる反応は出ない。

ちらほらと根があることも確認できた。

しばらく攻めてみたが、やはりベイト反応が薄いので、

もっと深い場所に移動してみることにした。



水深60mちょっとのところをトロトロと走っていると、

中層にベイトらしい反応がたくさん出たので、その周辺で再開。

しばらく廉価ジグ60gでやっていたが、あまりにも反応がないので、気分転換も兼ねてジグを交換。

そのすぐ後にク~ッとティップに重さが伝わってきた。

巻き合わせを入れた後に、思いっきり合わせ!

重量感は・・・・・、ほとんどない。(笑)

それでも適度にテンションをかけながらリーリングし、

ボウズを回避するマゾイ(31㎝)をキャッチすることができた。

ヒットジグは、ima六十郎である。

マゾイ(31㎝)11.03.30.jpg



自分の中で、六十郎は真鯛釣りのメインジグなので、

本当はこの時期には使いたくないのだが、このヒットがあったのでついつい続けて使ってしまった。



さらにポイント移動し、フォール中のヒットでフグをキャッチ。

そのしばらく後にも、まだまだ着底しないのにラインの出が止まった。

フォール中のヒットを確信し、思いっきり合わせを入れたら・・・・。

OH! MY GOD!

ジグだけ持っていかれちゃいました・・・・。

サワラにやられるならまだしも・・・・。

フグやられるとは・・・・。

ま、魚探にあれだけ反応が出ていれば可能性はなるかな?

と思ってはいたものの、それが現実になるとやはり悲しい・・・・。

以後、六十郎は温存することにした。



さらにポイント移動。

こっちでもとんでもないくらいの反応が魚探に映っていた。

あれのほとんどはフグ?

だとすれば、どれだけのフグがいるんだろうか?

なんたって魚探のアラームが止まったんですよ。

たぶん中層に映る魚の反応をボトムと勘違いしていたみたい。

こんな書き方で伝わるかどうかわからないけど・・・・。



ジグへの反応がないまま、時間だけが過ぎていった。

ふと見ると、陸のほうから土砂降りの雨が近づいてきた。

いい魚が釣れるなら雨なんて気にならないが、

こんな釣れない状況では濡れるのはイヤだ!(笑)

ということで、負け犬気分満載でとっとと引き上げたのでした。(笑)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

jyo

今時期ならメバル用サビキが効率良いかもですよ!

マスがヒットすればヤバイですが(^_^;)
by jyo (2011-03-30 23:19) 

tomy

>JYOさん
 まだメバルのポイントがわかりません・・・・。

本日その可能性がありそうな方面に調査に行ってきます!(笑)
by tomy (2011-03-31 06:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: